calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

鹿児島ウイスキー復活へ

0
    『鹿児島ウイスキー復活へ』
    南日本新聞の1月21日の記事。

    『32年ぶり 南さつま・津貫に新蒸留所』
    鹿児島市の本坊酒造が県内にウイスキー蒸留所を新設します。

    本坊酒造は、
    焼酎、ワイン、ウイスキー、梅酒などを造っている
    総合酒類メーカーさんです。
    県内では、屋久島や知覧、南さつま市などに焼酎蔵があり、
    今回は南さつま市の津貫工場内にウイスキー蒸留所が新設されます。

    1984年までは鹿児島県内でもウイスキーを造ってましたが、
    1985年にウイスキーの生産拠点を長野県に移しました。
    現在も長野県の信州マルス蒸留所で「3&7」などのウイスキーを造っています。

    今後、津貫で生産するモルト原酒は、
    『工場内の石蔵で3年以上熟成させ』
    『主にシングルモルトウイスキーに使う。』とのこと。

    なんと。。鹿児島産のシングルモルトウイスキーです。
    シングルモルトなので津貫蒸留所のモルト100%使用ということ。
    これはうれしい。

    本坊社長は、
    『トロピカルなフレーバーになると期待している』とのこと。
    これは楽しみ。

    引き続き長野県でも生産するとのことなので、
    長野産モルトと鹿児島産モルトの「ヴァッテッド」も出るかも。
    これも楽しみ。

    今年11月から鹿児島で生産開始。
    熟成期間を考えると、早くてもあと4年。
    でも現実的にはもっとかかるかも。
    早く飲みたい。早く飲みたい。
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック